きらきらをさがして。

私がおもう、日々のきらきら。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

待つ。

PA190186.jpg

ねこが好き。
と、今回は猫写真の話ではないのだ。

猫や犬、人間もそうかもしれないけれど、こんな表情を撮るのが好きだ。
こんなってどんな?と思うけれど、上手く説明できない。

例えば飼い主を
例えばごはんを
例えば愛しい人を
もっと言えば明るい未来を!(笑)
・・・などなどを、待ちわびているような表情。
思わずきゅんと来るのである。

単に遠くを見つめているだけ、なのかもしれない。
でも自分は。
その先に何かが、誰かが在ってほしいと思うのだ。

あ、でも。
動物が一点をじっと見つめているのはオカルトチックな存在があるからという説もあるわけで。
その場合はちょっと遠慮したいものである。

この猫を撮った時は、そろそろごはん時。
集中してるさなか、どうもおじゃましました(汗)
スポンサーサイト
【 2015/02/08 (Sun) 】 写真 | TB(0) | CM(0)

じぶん。

P1010017.jpg

自画はほぼ撮らないし、
他の方が写してくれるような場面でも、
お断りできる状況であればまず私は写真には写らない。

自分の美意識が歪んでないことを信じれば、
残念ながらそれらしい美しさは持ち合わせていないような気がするので、
故にまったく写真に納まる必要性を感じないのだ。

とはいえ。
たまに自分を撮りたくなる、そんな時もある。
そうして撮ったのがこのような写真になるわけで。

いや。
むしろ鏡越しの自分を撮影するのは、自分が思っている以上に好きなのかもしれない。
なぜならそれは鏡越しの自撮りの枚数がそれを物語っている。

照れ隠しと言いたいところだけれど、実はちょっと違う。
普段のくせ=自分を客観視している姿を表したいんだと、ある日気が付いた。

自分の見えている世界と他者に見えている世界は、違う。
そしてそれを知ることは、大切なことだと思う。
ひとりひとりが違うから、この世界に様々な色があふれる。
撮る人によって同じ景色でも、それぞれの色があるように。
【 2015/01/17 (Sat) 】 写真 | TB(0) | CM(0)

ぴん。

しばらくぶり過ぎで、放置しすぎで、ソーシャルなんかもすっかりさぼっておりますが、そんな昨今。
Pinterestという、簡単に言えば、web上のスクラップブックみたいなとこに出入りしております。

かわいい!と思った洋服を見つけたり、きれいな写真に感動したり。
心がぐっと動いたら、ぽちっとスクラップブックにとじこめる。
webの中で宝探ししているみたいな感覚です。

興味のある方はぜひご来訪くださいませ♪
keinosuke の Pinterest
PA140163.jpg

と、いうわけで。
まだまだ写真の旅はずっとずっと続くのであった。
【 2014/11/09 (Sun) 】 写真 | TB(0) | CM(0)

夕空。

DSC00247web.jpg

空との出会いは一期一会。
瞬間を逃せば、二度とその空に会うことはできない。
すべてが叶う出会いは、まさに奇跡。

帰り道。
あまりの夕空の美しさに、空が見える場所まで、思わず走り出していた。

どんな空も美しいけれど、中でも夕空が好きだ。

夕空を眺めていると、あたたかい気持ちと、悲しい気持ち。
どちらもこみあげてくるからだ。

日が暮れる頃。
小さな自分を、当たり前のように待っていた、
あたたかな「おかえり」。
夕空との一期一会のように、
その時に出会えることはもう二度とない。

だから私は走り出す。

もう二度と出会わないかもしれない夕空を、
心に焼き付ける為に。
【 2013/04/18 (Thu) 】 写真 | TB(0) | CM(0)

ぐらんぷり。

久しぶりのブログの話題に
ふさわしいかどうかはわからないけれど。

実はだめもとで応募した、
とある花の写真コンテストでグランプリをとった。
審査員が審査する形式とは違い、
HP上やTwitterなどで投票してもらう形式だった。

もちろんうれしくないはずはないけれど、
自分の腕で貴重な賞をいただいていいものか、
そんな気持ちの方が大きい。

でも。
見てくれた人々に
写真から何かが伝わったのなら、
それはとても幸せなことだ。

空を撮ることから始まった写真の旅。
夕焼けみくし

十数年経ったけれど、
いまさら理屈を語るのははずかしい。
ひとつ。ふたつ。
また深くなった心で素直に撮りたいだけだ。
そのための模索はまだまだしばらく続くんだろう。
自分に見えている世界の果てにたどりつくのは、
まだずっと先だ。

世の素晴らしい写真家は、
表面ではない、その人の、
そのものの、内なる美しさを伝える。
それができるようになったなら、
どんなにいいだろう。
そこへたどり着けるだろうか。

あらためて。
投票してくださった方々へ。
写真を始めるきっかけをくれた人へ。
私の写真を愛してくれる大切な人々へ。
私の心を大切にしてくれる人へ。
心からありがとう。
【 2012/08/10 (Fri) 】 写真 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

NEKO大福

Author:NEKO大福

photohito
こっちにもmyフォト♪

PHOTOHITOブログパーツ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。