きらきらをさがして。

私がおもう、日々のきらきら。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

My favorit movie Vol.23

今回は【スラムドッグ$ミリオネア】。

インドのムンバイのスラム、ダーラーヴィー地区で兄サリームと共に生きる少年ジャマール。
とある事件から同じ境遇の少女ラティカーと行動を共にすることに。
そんなある日、子供に物乞いをさせ資金を作っているママンに拾われる。
しかしはじめの親切な扱いとは裏腹に、
実は更に物乞いで高額を回収するために子供の目を
つぶしていることを知った3人は逃走を試みる。
サリームとジャマールは命からがら逃走に成功するが、
ラティカーは取り残され再びママンの手中に。
それから数年が経ち・・・。
数奇な運命に翻弄されながら3人の人生は幾度も重なり合い、
ある日ジャマールは離れ離れになってしまったラティカーに
自分の存在を知らせるためにテレビの人気クイズ番組『コウン・バネーガー・カロールパティ
(クイズ$ミリオネア)』に出演する。
そこでジャマールは次々と問題に正解し、ついに最後の1問にまで到達。
しかしスラム育ちで無学の彼が勝ち進んだことで不正の疑いがかけられ、
警察に連行されてしまう。
何故、天才と呼ばれる人物でも成し得なかったことができたのか?
疑惑を晴らし、大金を手に、ラティカーと再会することはできるのか?

この映画がアカデミー賞をとった時にちょうどみていたけれど
どうもDVDのパッケージでキャストやあらすじを見た感触では
なかなかみる気にならなかったのですが・・・。
今はおすすめしたい映画のひとつになりました。
世界の中でも最大規模のスラム。
そこで生きるということがどういうことなのか、
少しだけ感じることができます。
とはいえ日本で生きる私がわかるという言葉は決して使えない。
そんな映画です。

キャストは知らない方ばかりなので割愛させていただきますっ!(汗)
監督はダニーボイル。
私が大好きな【トレインスポッティング】の監督です。
なので【MADE IN インド】ではなく【イギリス】。
ダニーボイルの映像の大好きなところは緩急を上手く使っているところ。
疾走感と緩慢さ。そこが魅力です。
私はインドカレーが好きなので専門店に行くのですが、
そこで流れるインド映画風だったらちょっと苦手だったかも。(謝)
ダニーボイルの音楽と映像のかっこいい融合によって
この映画の魅力が最大限に引き出されています。

しかし検索してちょっとかじった情報によると・・・
実は少女ラティカーの幼少期の子役が映画で有名になったことで
自分の父親に人身売買されそうになったとか。(怖)
とりあえずは証拠不十分で疑惑どまりだそうですが・・・。
映画の外の現実もやっぱり【スラムドッグ$ミリオネア】なんだ。
生きるって苦しい。最近時々、そう感じることがあったりする。
だけど彼らはそんなことを感じる暇もなく日々を生きている。
だからきっと自分は相当わがままにできているんだな、と反省。

スラムでもなんでも子供は後向きには生きない。
その生命力の強さがきらきら☆

スラムドッグ$ミリオネア [DVD]スラムドッグ$ミリオネア [DVD]
(2009/10/23)
デーブ・パテルアニール・カプール

商品詳細を見る

スポンサーサイト
【 2010/02/08 (Mon) 】 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

NEKO大福

Author:NEKO大福

photohito
こっちにもmyフォト♪

PHOTOHITOブログパーツ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。