きらきらをさがして。

私がおもう、日々のきらきら。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

My favorit movie Vol.24

久々のふぇいばりっとむ~び~は【Dr.パルナサスの鏡】。

現代ロンドンに突如現る不思議な旅芸人一座=
パルナサス博士、娘のヴァレンティナ、曲芸師アントン、小人パーシー。
そして一座の舞台にそびえるのは
人間の思い描く想像の世界が体験できる不思議な【鏡】。
かつて博士は不死と引き換えに【娘が16歳になった時に差し出す】
取引を悪魔のニックとしていた。
そして娘・ヴァレンティナが16歳の誕生日を迎える頃、
約束通りニックが博士の元にやってくる。
そんなさなか、ヴァレンティナは橋に逆さに吊られているトニーを助ける。
記憶喪失の彼はそのまま一座に加わり、
取引を回避しようと悪魔と再度賭けをした博士率いる一座に協力し興行を続ける。
トニーの手腕で興行は大盛況。
そんなトニーにヴァレンティナは思いを寄せるが実はトニーは・・・。

一瞬?!娯楽作だと思った人が多かったようですが・・・
監督の過去の作品をご存知の方々はそんな美しい誤解は皆無だったと思います。
あ、いや。正確に言えば監督の作品の中では娯楽作かも・・・。(笑)
人が持つ心の奥のそれぞれのイマジネーション。そんなものが描かれています。
そして善と悪。結局それらはコインの裏と表。
ひとつのものから生み出されしもの。誰しもが持っているものなのです。

1000歳のパルナサス博士にはクリストファープラマー。
美しき娘・ヴァレンティナにはリリーコール。
そしてトニーには今は亡きヒースレジャー。
彼はこの映画で志半ばにして去ってしまったのですが、
志を継ごうと空想の世界のトニーをヒースと親しかった3人の俳優が演じたのが話題に。
コリンファレル、ジュードロウ、そしてジョニーデップっ♪
とりあげちゃうとしらじらしくなっちゃうけれど・・・
コリン、ジュード、そしてジョニー君の3人は
出演料をヒースの遺児であるマチルダちゃんにすべて寄付したそう。
男として、人間としてその立派な姿勢に感服いたしました。

さて監督。(笑)どう語ったらいいですか?テリーギリアム監督。
【未来世紀ブラジル】は有名ですね~。
監督のもつ独特な世界観にやられちゃっている根強いファンも多いのでは。
私の中の監督の代表作は【ラスベガスをやっつけろ】。
まったくもってはちゃめちゃなジャンキーを描いた映画。(笑)
もちろんすっぱりと髪を剃ったジョニー君主演ですよ♪
でも何故かこの監督って映画が頓挫しちゃいがちなんですよね・・・。
とにかくそんなことも含めてまさに奇才な監督なのです♪

ラスト。博士は賭けに勝ったのでしょうか?
いずれにしても【愛】は善と悪をも凌駕する・・・?!
せつなさと優しさが心にじわっと広がります。

監督が出す永遠の宿題。
その答えは想像力をきちんと鍛えれば見えてくる。
見えた人の心はきっときらきら。

Dr.パルナサスの鏡 [DVD]Dr.パルナサスの鏡 [DVD]
(2010/07/02)
ヒース・レジャーコリン・ファレル

商品詳細を見る
スポンサーサイト
【 2010/08/24 (Tue) 】 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

NEKO大福

Author:NEKO大福

photohito
こっちにもmyフォト♪

PHOTOHITOブログパーツ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。