きらきらをさがして。

私がおもう、日々のきらきら。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Myfavorit Movie Vol.25

今回の映画は【プリンスオブペルシャ 時間の砂】。

古代ペルシャ。友人を助けるために自分の身も顧みず、兵士に立ち向かった貧しい下級階級の少年ダスタン。
その勇気ある姿に感銘を受けたペルシャ国王はダスタンを王宮に連れ帰り、王子として迎える。
それから時が経ち、ダスタンは見事な勇者に逞しく育ち、
王族の血を受け継ぐ兄のタス王子、ガーシヴ王子と共に
ある疑惑を理由に聖なる都アラムートへ攻め入り勝利を治める。
そしてその戦の中でダスタンは聖なる不思議な短剣を入手してしまう。
その短剣とは時間を戻すことができる短剣。
しかし勝利の祝宴でダスタンは短剣の大いなる力を利用しようとする何者かの策にはまり、
国王である父を誤って毒殺。
短剣を奪還しようとするアラムートのターミア王女と共に帝国を追われる身に。
濡れ衣を晴らすべく短剣の力を狙うものの闘争に自ら身を投じるダスタン。
果たして濡れ衣を晴らし、無事に帝国に真の勝利をもたらすことができるのだろうか?

この映画は宣伝からずっと観たいと思っていた映画♪
なぜなら単にエンターテイメントとして派手で面白そうだったから。(汗)
感想は素直に面白かったですっ♪(笑)
特にアクションシーンのダスタンがすごくかっこいい。
なんでも剣のアクションにパルクールというものを取り入れたそうで
いかにもな勇者の身のこなしとは違って動きがCOOL!
そこにも注目してみていただきたいですっ!
とりあえず要所要所のファンタジックな演出はさすがディズニー映画なのです。
前にも触れたかもしれないけれどディズニー映画といえば、
【美女と野獣】は思わず声をあげてしまうほど大泣きして感動。(恥)
それについてはその内マイフェイバリットにて。

ダスタン王子にはジェイク・ギレンホール。
彼の過去作品の中では【遠い空の向こうに】が好きです~。
このひとのイメージってなんだか優等生って感じだったのに、
ここまで筋肉隆々にたくましく肉体改造したのには驚きました!
タミーナ王女はジェマ・アータートン。何に出演しているのかは知りません。(汗)
でもとてもエキゾチックで強く美しい王女にぴったりでした♪
王子の叔父ニザムにはベン・キングズレー。【ガンジー】の俳優さんです。
数々の映画に出演、名優ですね。
そして製作はジェリーブラッカイマー・・・といえば派手な映画ですね。(笑)
でもいい意味で映画のエンターテイメント=娯楽という部分を
最大の武器にしている人だと思います。

真の【勇気】とは何か。
それは恐らく自分勝手なものでないことは確か。
自分以外の人間の血と涙を見るようなものであってはならない。
自らの杯を満たす為に傷ついている誰か。
それでも自分だけが飲み干すのか、
それとも傷ついているものを潤す為に杯を渡すのか。
ダスタンはどちらを選んだのでしょうか。

なんにせよパルクールが最高にCOOLでかっこよくてきらきら。
でもきっと頭から墜落するから良い子はまねしないでね。(汗)
プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂 [DVD]プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂 [DVD]
(2010/09/22)
ジェイク・ギレンホールベン・キングズレー

商品詳細を見る
スポンサーサイト
【 2010/09/26 (Sun) 】 映画 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

『プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂』お薦め映画
灼熱の大地での爽快なアクション、古代ペルシャのエキゾチックな雰囲気、恐ろしい黒魔術、タイムスリップ、お家騒動、複雑な家族愛、恋、運命、戦争と平和、さまざまな要素をてんこ盛りにしたファンタジー。夢のある明快なストーリーのお薦めエンタテインメント作品だ。
プロフィール

NEKO大福

Author:NEKO大福

photohito
こっちにもmyフォト♪

PHOTOHITOブログパーツ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。